裏うらなか雑記

新ブログ「うらなか書房のあやしいグッズあり〼」

うらなか書房のあやしいグッズあり〼

上記に移転しました。今後は上記の新ブログで、ホラーなもの奇妙なものB級っぽいものについての紹介などをしていきます。よかったらご覧ください!

うらなか書房のTwitter  「うらなか書房のあやしいグッズあり〼」をfeedlyで購読する  うらなか書房のFacebookページ  うらなか書房のGoogle+ページ  うらなか書房のtumblr うらなか書房のLINE
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>
<< 猫の首輪の絵 | main | あしたのジョー >>

破廉恥規制

少し前の話ですが、東京都で、現実のものだけでなく、アニメや漫画の児童ポルノをも規制するという条例改正案が出たというようなニュースがありました。
その案では、アニメや漫画に出てくる18歳未満に見える登場人物のことを「非実在青少年」というのだそうです。

東京都青少年健全育成条例改正問題のまとめサイト

上記などに詳しいことが書かれています。

GHOST WORLDこういう話が出ると、「GHOST WORLD」という漫画を思い出します。

楽天 | Amazon

この中に小児性愛者の男性がちょこっと出てくるのですが、その人が精巧な児童ポルノCGを手にして下記のようなことを言います。

誰も傷付けることなく自分の目的を遂げることが出来てありがたい

(英語の辞書を引きひき読んだので、余り正確ではないかもしれませんが、こんなようなニュアンスの台詞だと思います)

また、団鬼六「伊藤晴雨物語」の登場人物のひとりも、

先生は、この趣味を持つ人々が、犯罪に脱線することのないよう警戒する意味で、責め絵を描かれている、そんな風に考える時があります

というようなことを言います。

また、随分前に「夢野久作のエッセイ」でも書きましたが、

そこから迸り出る血が黒ければ黒いほど気持がよくて、毒々しければ毒々しいほど愉快なのだ。だから探偵小説の読者は皆善人なのだ」(探偵小説の正体)

などという文章も思い出されます。

つまり何が言いたいのかといいますと、不健全だからといって余り規制を強めるのはいかがなものかと……。

問題の条例改正案では、アニメ、漫画だけでなく文学も引っかかるらしく、ふと思い出してバタイユの「眼球譚」を引っ張り出してみたら、登場人物の年齢は「16歳」と書かれていました。これは……もし条例が成立したらアウトなんでしょうか……。それとも数十年前に起こったらしい、芸術か破廉恥かみたいな論争が現代に甦るのでしょうか。

正直児童ポルノもバタイユも私には余り縁がないものですが、自分の好きな小説やら漫画やらが規制されたら哀しいに決ってますものなァ。
というか、有名な漫画家さんたちがもっともっともらしい理由で反対を表明しているそうなので、恐らく大丈夫とは思いますが、「表現の自由」が侵害されないことを祈るばかりです。

Ghost World


Amazon

楽天


伊藤晴雨物語 (河出文庫)


Amazon

楽天

夢野久作全集 7


Amazon

楽天

眼球譚(初稿) (河出文庫)


Amazon

楽天
ちょっと真面目な話 | permalink | - | -




うらなかグッズ取扱サイト




オリジナルiPhoneケース・Tシャツ通販サイト itaxes

zazzle

作って、売って、買って楽しむ。Tシャツ専門ドロップシッピングショッピングモール



参加SNSなど


ブログテンプレート
忍者AdMax