裏うらなか雑記

新ブログ「うらなか書房のあやしいグッズあり〼」

うらなか書房のあやしいグッズあり〼

上記に移転しました。今後は上記の新ブログで、ホラーなもの奇妙なものB級っぽいものについての紹介などをしていきます。よかったらご覧ください!

うらなか書房のTwitter  「うらなか書房のあやしいグッズあり〼」をfeedlyで購読する  うらなか書房のFacebookページ  うらなか書房のGoogle+ページ  うらなか書房のtumblr うらなか書房のLINE
<< February 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 >>

画家 橘小夢のこと 2

先週突然このブログへのアクセス数が普段の何十倍にも膨れ上がっていて、何事かと調べた所、以前記事にした橘小夢を検索してお越しになった方が爆発的に増えている……。

押絵と旅する男 橘小夢画
押絵と旅する男 橘小夢画

画家 橘小夢のこと

大正イマジュリィの世界

どうやら某テレビ番組で取り上げられたらしく、その後3日間くらいは大盛況でした
(今では元通りの閑散としたブログになっておりますが……)。

現在(2013年4月4日〜6月30日)弥生美術館で開催中の
魔性の女 挿絵(イラストレーション)展
でも橘小夢がメインで取り上げられています。
ここにきて、橘小夢の評価が俄然高まってきているということなのでしょうか。
ただの一ファンにすぎぬ私ですが、何だかとても嬉しいです。

続きを読む >>
絵の感想 | permalink | - | -

蕗谷虹児展

蕗谷虹児ポストカードなどそごう美術館で行われていた「蕗谷虹児展」を観て来ました。
かなり広い会場だったのですが、展示されていたのは全てこの方の作品でした。ものすごい作品数!
中でも初期のペン画が素晴らしかったです。

絵の中の女性のファッションがとてもおしゃれです。チラシによるとこの方の絵は「大正から昭和の女学生たちを熱狂させた」のだとか。素敵な時代ですなァ。


蕗谷虹児「薔薇と少女」戦争を挟んでややトーンダウンしてしまう感はありましたが、晩年の作「薔薇と少女」は実に美しかったです。少女の表情がそこはかとなし妖艶な気がします。
絵の中の「をとめ」は本当にいいものです。

久々に日常を忘れてウットリすることができました。



蕗谷虹児 (らんぷの本)

Amazon

楽天


絵の感想 | permalink | - | -

シュルレアリスム展

シュルレアリスム展を観て来ました。

今回、特に何がお目当て、という訳ではなく、何となくこれは観といた方がいいかな……と半分お勉強気分だったのですが、行ってよかったです。これぞシュール、これぞアート、といった展覧会でした。

続きを読む >>
絵の感想 | permalink | - | -

楳恐

へび女手拭い

おろちバッジとへび女のがま口

先々週、「楳恐」という楳図かずおの展覧会を観に行きました。
へび女の手拭いやらがま口、おろちの缶バッジなどを入手しました。

続きを読む >>
絵の感想 | permalink | - | -

大正イマジュリィの世界展

渋谷区立松涛美術館で行われている「大正イマジュリィの世界展〜デザインとイラストレーションのモダーンズ」に行ってきました。

大正イマジュリィの世界

お目当ては以前このブログに書いた橘小夢

続きを読む >>
絵の感想 | permalink | - | -

画家 橘小夢のこと

押絵と旅する男 橘小夢画橘小夢(たちばなさゆめ)の絵を初めて目にしたのは、昨年神奈川近代文学館で行われた「大乱歩展」でのことでした。
特に←の「押絵と旅する男」の挿絵がものすごく印象に残りました。男性の体つきが妙にひょろっとしていて、こちらを見るその表情がちょっと薄気味悪いような、小憎たらしいような……(押絵の二人もそこはかとなく挑発的な、小憎たらしい表情をしているのでした)。

続きを読む >>
絵の感想 | permalink | - | -

日本の美術館名品展

を見に上野に行って来ました。
お目当てはうらなか雑記でも画集をオススメしている、甲斐庄楠音の「横櫛」……だったのですが……ない、何所を探しても、ない!
で、入口でもらった「出品目録」をよくよく見てみたら……何と後期では展示されていないことが判明! あああああ……ものすごくガックリしました……。

でも他にもいいものがあったので、まあよしとしますか……。

特に印象に残ったのは、高島野十郎「蝋燭」です。それ程の大きさでもなく、ただ蝋燭が燃えているだけの絵なんですが、何だかものすごい迫力がありました。
帰りの電車で芥川竜之介の「侏儒の言葉」を読んでいたら、「大作と傑作は違う」というような文章が出て来て、おお、正に高島野十郎の「蝋燭」は傑作なのに違いない、などと思ったりしました。ただでかいだけで何だかよくわからない絵よりよっぽど心惹かれます。

続きを読む >>
絵の感想 | permalink | - | -

小妻容子責め絵展

【期 日】 2007年11月2日(金)〜11月7日(水)
【時 間】 12:00〜22:00
【入場料】 500円
【場 所】 風俗資料館

「夜の展覧会 第一弾 伊藤晴雨素描展」につづいて、今度は小妻容子さんの展覧会が風俗資料館で行われるそうです。
第二弾、と銘打っていないのは、時間が昼の12時〜だからでしょうか。
私は小妻容子さんを知らなかったのですが、こちらに載っている絵がとてもよいので、来週にでも行ってみようと思います(刺青緊縛画というらしいです)。

追記
横浜の文身歴史資料館という所に、小妻容子さん(小妻要さん?)のものらしき絵が1枚展示されていました。
他、米倉斉加年さんのものと思しき絵も1枚。私が行った時には、三代目彫よしさんの絵が二階展示室にたくさん飾ってあって、とても迫力がありました。
ご興味ある方は行ってみて下さい。

刺青美人画 女人倶利迦羅肌

Amazon

楽天


刺青写真集 三代目彫よし WANZAKURE(わんざくれ)THE ROAD TO SHISEI BY HORIYOSHI ?

Amazon


楽天

絵の感想 | permalink | - | -

夜の展覧会 伊藤晴雨素描展

先週のことですが、飯田橋の風俗資料館という所で、「夜の展覧会 第一弾 伊藤晴雨素描展」を見てきました。
会場が会員制の図書館ということで(展覧会の期日中だけ特別に会員以外の人も入れた)、行く前少しく動悸動悸していましたが、中は明るくて広々としていてキレイだし、女性でも居づらくない雰囲気。
あと場所が分かりやすかったので方向音痴の人でも迷わず行けるはず。

続きを読む >>
絵の感想 | permalink | - | -




うらなかグッズ取扱サイト




オリジナルiPhoneケース・Tシャツ通販サイト itaxes

zazzle

作って、売って、買って楽しむ。Tシャツ専門ドロップシッピングショッピングモール



参加SNSなど


ブログテンプレート
忍者AdMax