裏うらなか雑記

新ブログ「うらなか書房のあやしいグッズあり〼」

うらなか書房のあやしいグッズあり〼

上記に移転しました。今後は上記の新ブログで、ホラーなもの奇妙なものB級っぽいものについての紹介などをしていきます。よかったらご覧ください!

うらなか書房のTwitter  「うらなか書房のあやしいグッズあり〼」をfeedlyで購読する  うらなか書房のFacebookページ  うらなか書房のGoogle+ページ  うらなか書房のtumblr うらなか書房のLINE
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

血を吸う箱

幽霊屋敷の恐怖 血を吸う人形」観て来ました。
想像以上に面白かったです。制作費が普通の映画に比べるとべらぼうに低予算だったそうなのですが(映画産業が大分傾いている雰囲気の頃に作られたらしいです)、そういうのを余り感じさせない、気品のある映画でした。

ポオ小説全集 4 (創元推理文庫 522-4)

新品価格
¥714から
(2013/3/11 05:17時点)




プロデューサーの方が、ポーの「ヴァルデマール氏の病気の真相」(創元推理文庫の「ポオ小説全集(4)」では「ヴァルドマアル氏の病症の真相」という題名になっています)が好きで、それをモチーフにして製作されたのだそうです。洋館だとか、ポーの小説のあの妙に重苦しい雰囲気とでもいうのか、そういうのが好きな方はもしかしたらこの映画にもハマれるかもしれません。
などと言いつつ、私めは「ヴァルデマール氏……」を未読であったので(というかこの日が初耳でした)、近い内読めたらなァと思っております。

おまけでもらったフィギュア
「血を吸う人形」のフィギュア
棺を開けると…

続きを読む >>
映画の感想 | permalink | - | -

「幽霊屋敷の恐怖 血を吸う人形」上映

幽霊屋敷の恐怖 血を吸う人形 [DVD]

新品価格
¥3,475から
(2013/3/11 08:50時点)



霧が流れる不気味な森
美しい唇が……ナイフが迫る
呪いに蘇った死美人が
生血を求めてすすり泣く……

妖しい洋館、魅惑の美女殺人鬼、文学的かつ意外なストーリー。 通称「血を吸うシリーズ」三部作の嚆矢たる傑作を銀幕でどうぞ!

開催日
8月29日(土)、30日(日)

会場
シネマバー ザ・グリソムギャング
小田急線・読売ランド前駅より徒歩7分

タイムスケジュール】
14時30分 開場
15時〜 上映(71分・35丱侫ルム上映) 
16時30分〜 トークショー(90分・客席からの質問タイム含む)
18時〜 サインタイム
19時〜21時 懇親会(オプション・会費別途5,000円)

ゲスト
29日(土) 小林 夕岐子さん(主演・野々村夕子役)
30日(日) 原 一民さん(撮影)、長野 洋さん(脚本)

料金
各日予約3,500円(当日4,000円)、2日通し予約6,000円

予約について】……こちらのページをご覧下さい

(上記ザ・グリソムギャングHPより引用)
         
続きを読む >>
映画の感想 | permalink | - | -




うらなかグッズ取扱サイト




オリジナルiPhoneケース・Tシャツ通販サイト itaxes

zazzle

作って、売って、買って楽しむ。Tシャツ専門ドロップシッピングショッピングモール



参加SNSなど


ブログテンプレート
忍者AdMax